Menu
上司(部長)が会社の朝礼でよく言います。
「どうせやるなら元気よく!!」

一見前向きに思える発言ですが、私はこの言葉を聞くたびいつも違和感を抱いていました。

”どうせ”…
おそらく上司は無意識でしょうが、冒頭からなにかあきらめてしまってますよね?
つまり上司の発言を翻訳すると
”仕事は楽しくないけど、元気出して頑張りましょう!”ってことです。

みなさんどうですか??
こんなことを言われて果たして”元気出して頑張ろう”って気になりますか?

でも、だからといって私は上司を責めるつもりはありません。
発言自体に何の悪気も無いと思います。

つまり彼(ら)の世代にとって、そういう感覚がスタンダード。
”仕事は楽しいものではない。苦労して歯を食いしばって我慢してやるもの”
そういった価値観なのでしょう。
今多くの日本的といわれる企業で経営層に座っているのはその世代でしょうから、
会社の空気が自然とそうなってしまうんです。

だから、会社に対して不平や不満を言うことだけでは何も変わらないのです。


ではどうすればいいか?



それは本当にシンプル。


でもそれをありのままに受け入れることが
多くの現代人にとって実は最も難しいのことなのかもしれません。

だからその答えがみなさんにとって自然なものになっていけるように、
この場を通じて自分自身が”知ってほしい/聞いてほしい”と感じる価値観を
様々な形で紹介していきたいと思っています。
それによって、サラリーマンをはじめとする方々の中でひとりでも多くのヒトが
今よりも幸せな気持ちになってくだされば(それこそ)幸いです…

以上、長文を読んでくださりありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。








にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村








Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する